上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 乳がんの再発予防や 免疫力を高め治療効果を上げるために 野菜の大量摂取を勧める文をよく見る。 がんばって食べてみるが なかなかそんなには食べられないし、野菜料理があまり用意できないこともある。 
 あさも 子どもにご飯を食べさせていると 自分が食べるのを忘れてしまいそうなこともある。(困ったモンだ)
 
 
 野菜が足りないかなと思ったときに 加えているのが 青汁・ニンジンジュース・○でぃっしゅの野菜ジュースのうちの1つか2つです。  青汁も○でぃっしゅの 無農薬ケール100%で少し青臭いかなと感じるくらいで、まずくありません。
 今日はカテキン緑茶をブレンドしてみました。

 6月頃は 1日に2回ニンジンジュースを飲んでいたところ 手のひらが少しニンジン色になってしまいました。そのため ローテーションで飲むようにしました。

 今まで 青汁は 何度買っても飲んだ試しがありませんでしたが、これは ○でぃっしゅのお兄さんに「今 お試し期間なんですが セールで少し安くなってるしどうですか?」と勧められ 6000円もするのを買ってしまったため、”またか”という夫の冷たい視線を跳ね返すため うまい・うまいと言い聞かせながら 飲んでる次第です。

 aojiru831.jpg


 明日から 仕事がちょっと忙しくなりますので 更新やお返事が少し遅くなるかもしれませんが御了承下さいませ。
 
 一言ハングル^^
チュソグル マジャ カジョゲ ファモクカ コンガンゥル ピムニダ。 旧盆を迎え ご家族の  和合と   ご健康を お祈り申し上げます。
スポンサーサイト
 私は ドキドキしながらも自分のことで病院に行くのが 昔からあまり嫌いではない。
 中学3年生の時 ストレスからか 額に湿疹がたくさんできたときも 皮膚科に喜んでずっと通院していた。 心配してもらうのがうれしいのかな?(子どものようで恥ずかしい)  その皮膚炎も 受験が終わったら あっという間に治ってしまったが。 

 先生との相性は大事で、かぜが長引いたときも お気に入りの先生のところに行って 話を聞いてもらうと 薬を飲む前から 半分治ったような気分になり 実際早く治る。 こどもの風邪の時も 2人先生がいる小児科などでは必ず 話しやすい方の先生を指名する。

 今回の病気で 通院すると決まったときも、電話で予約した段階で 10年はお世話になる可能性があるんだから、相性は大事だな~とおもい「どうか、話しやすくて 知識もあり相談しやすい先生ならいいなと思っていた。」

 初診日は 夫と父親が心配して 一緒に話を聞くといって一緒に行った。 初対面の感想は イメージ通りで 「この先生について行こう。」と思った。そして半分もう治ったような気分になった。
そんな単純ですぐ明るくなった私を見て、昨日まで「早く入院したい、どうしよう!」とあわてていた私を必死に励ましてくれた夫は、あきれていた。

 しかし手術日を決めた瞬間、都合の悪いことが起こった。 私の入院中は、その先生は アメリカに出張する予定だという。「オペの時はいますが、入院中のフォローができないので、主治医はA先生に代わってもらいましょう。」と言うではないか

 主任の看護師さんに相談すると、気持ちをわかってくれて 先生にいってくれた。すると「dekoさん 心配しなくていいんだよ、A先生もとっても優しい先生だし、変わりたかったら変われるし、A先生の方がよかったらそれでいいから^^」と言ってくれた。

A先生は 入院中もよく顔を出してくれ、マジメだしとってもいい先生だった。 「手術もしてくれたんだし、A先生にお世話になろう。」と決めフォローしてもらっている。 私のいってる病院は チーム医療だしみんなで検討もしているから同じですよ前の先生もいっていたが・・

 それなのに なぜか病院に行くたびに、”私の主治医になるはずだった先生は、今日 どこで診察しているのかな?と見てしまい少しさみしい気分になる。” 初診の日に 治療の前から半分治ったような気分になったのが懐かしくなる。 オペの前後には心配して にこにこ声をかけてくれた。
 この先 検査をしていくといい結果や悪い結果など聞くことがあると思う。 
 だれの口から結果を聞いても 納得して前向きに治療に取り組んでいけますように! こんなことをずっと気にする自分は 気にしすぎなのかな? でもみんな悩んで 主治医について転院したり 新しい先生にお世話になっているんだろうな!
 来月の受診日 看護師さんに 話してみようかな?  話したらそれだけですっきりするかもしれない。
自分の気持ちが少しでも納得できるように 何かしてみよう^^ 
 
 自分だけが少しずっと気にしていたこと。聞いてくれてありがとう。

 

  
 私が乳がんの手術を受け、検査等で通院しているのは 家から車で2時間15分かかるセンターです。 電車だともっと時間がかかります。
 放射線治療を受けるにあたって、毎日往復4時間30分も運転するのはきついな~と思っていたところ、先生から 自宅から 1時間10分ほどの県立病院を紹介されました。 よかったと安心したのを今でも覚えています。

 放射線治療は、5月の連休明けから6月の中旬まで続きました。はじめて行った初診の時は、正直「いやだな~」と言う気持ちでいっぱいでした。 でもその後、放射線治療の勉強をするつもりで、図書館で本を借りて読み、技師の職員の方にも 器具の説明をしてもらったりしてどんどん気持ちが、前向きになっていきました。 いやだな~と思いながら治療を受けたら、効果があまりないような気分になりますからね。
 rinia826.jpg


 放射線治療の途中から、よくなるイメージを思い浮かべられるように、自分の好きなCDを毎日持って行って、かけてもらいました。はじめは??でしたが、理由を話すと、「いいですよ~、今日は何ですか」とここでも韓国の話で盛り上がりました。(病院によっては、混み具合やオーディオの関係などで無理かもしれませんが)

 放射線のドクターの診察は 週2回あり 診察のあと必ず「何か心配なことはありますか?」と聞いてくれました。乳腺の先生より時間に余裕がある感じなので、心配なことなど こちらでも聞けて安心感があります。はじめ放射線医のフォローもあるなんて面倒だと思っていましたが 2人主治医がいるようで安心でうれしいです。

5月は 新緑の美しい時期で 1時間のドライブも窓から見える景色がすばらしく、家で休んでいるより、楽しい時間になりました。(それまで1時間以上もの車の運転は あまりしたことがなく、どっちかというと苦手でしたが、必要に迫られて、どんどん運転できるようになりました)
 またこの県立病院の 近くには 県立の大きな公園があり、治療の後に患者さんたちが 立ち寄る姿も見られました。
 私もその1人です。 治療の後、公園の深い緑の中を散歩したり眺めたりしていると、放射線でうけた体の疲れがすこし軽くなるような気持ちがして病院の側の公園のような施設は大事だな~とおもいます。
 願わくば 全国にある県立がんセンターの施設に付随して、公園や産直野菜の直売所などがあれば、入院患者さんも通院する人もうれしくなったり、にこにこすることも増えるのにな~と思いました。
 平日に緑の中で 森林浴をしていると 自分が病人で 通院していることも忘れてしまうようでした。
 hana8264.jpg


popi8263.jpg

一面にポピーのお花畑でした。
midori030.jpg

 トトロの森と勝手に名付けた遊歩道

その後、公園内の産地直売所の新鮮で安い野菜をたくさん買いました。 野菜のおいしさをあらためて実感し。このほかに、ジューサーを買ったので ニンジンジュースも毎朝飲んでいました。 
 コレステロールは手術前がー255、放射線治療後ー175でした。
今これを書いていて、このときと比べて最近は野菜の消費が少なくなっているので、反省しなくては・・・
 今はこのときほど食べていません。

 放射線治療の前は、放射線で疲れやすくなるのに、毎日1時間運転して通院できるかな~とか、最後まで無事治療できるかなど、不安な気持ちでしたが いまでは いい病院いいスタッフの方と巡り会えて 気持ちよく毎日通院できたなと懐かしく思い出します。
 毎朝、1人1人に敬礼しながら気持ちよく病院に迎えてくれた、警備員のかた、質問に答えてくれた技師さんCDまでかけてくれてありがとう^^、放射線の先生お二人ともゆっくり質問に答えていただけるので、とても安心します。 
 チンシムロ チンシムロ カムサハムニダ^^
  こころから こころから ありがとうございます

  これからもよろしくお願いします^^ 
 
 
udonn8267.jpg

 治療後のお昼に食べていた、公園内の手打ちうどんセットです。
とってもおいしかったです^^

*手術前には同室や隣室の すでに手術を終えられた多くの方に、「手術、大丈夫よ 痛くないから」と笑顔で励まされたり、安心をもらいました。 これから放射線治療される方が少しでも不安なく しっかり治療できますように祈っています^^


 走ってみようかな~から数日。 家の周りを30分ほど、歩いたり走ったりを1回。
 ジムのランニングマシンで 歩いたり走ったりで3キロを30分で走行。 走ってばかりでは疲れたり飽きてしまうので、歩いたり走ったりを繰り返しています。 30分で3キロってゆっくり過ぎると思いますが、競争しているわけではないので、気にしません。
 30分で4キロ進むようになるといいな~と目標を立てています。

 実感したのは、自分の体は 自分の手に余るものでないと・・・つまりあまり重いと 自分で移動させるのが大変という 当たり前のことを体感しました。
 今週、まだ2回しか走ってないので、明日朝もう1回走る予定です。
 体重の方は ちっとも変わりません。体脂肪は少し減りましたが・・・
あしたの 夜は 同僚の女性ばかりで、退職した方を囲んで食事会です。たっぷりカロリーをとるので、朝のうちに少し消費が目標^^
 毎日毎日暑くてたまらない~
以前は、走ってもエアロビしても、他の人が汗ぼたぼたでも 「少し汗ばんだ・・」ぐらいの私だったのに!
 ホルモン療法がじわっと効いてきたのか、自分の手のひらがぽかぽかじんじんしているのがわかる。
 それでも 汗かくってほどではないのですが・・・今まで普通に汗をかいていた人で、ホルモン療法している人はどれぐらい暑いんだろう~~
 

 おととい、エアコンのない部屋(窓を開けて扇風機のみ)で午後1時~5時まで会議。 やせ形で、エアコンで腹の冷えやすい上司が 「エアコンは 体に悪い、体に悪い 」としきりにいっていた。
 静かにしてますけど、私も 治療の関係で 暑くて 気持ちが悪くなってきたんですけど。 会議の途中で抜けて、冷水を飲み 小さいアイスノンを手に持ちなんとか我慢しました。 
 終わった後、上司の前で「暑くて 気持ちが悪い。気持ちが悪いと、つい何度も言ってしまいました。」無理は体に悪いので^^

 昨日は 消防署で AEDを使った 普通救命救急講習4時間コースを受けてきました。 最後に 実技と筆記の試験もあるということで、みなさん真剣でした。この講習を生かすことはあまりないほうがいいですが、いざというときに落ち着いて使えたらいいなと思います。
 この講習も含めて ここ5ヶ月で3回AEDの講習を受ける機会に恵まれました。 AEDの使用方法はとっても簡単です。簡単ですが、見たことない、触ったことないではなかなか使えないと思います。 みなさんも機会があったら、消防署等で受けてみて下さい。kyuumei.jpg

 私のジム友達であり、同級生でもある、Kちゃんはスタイルもよく
いわゆるランナー体型だ。
 10代の頃より、いまの方がスタイルがいい~

 今日 勉強会がいっしょだったので、お昼のランチの時に話を聞くと週3回は、出勤前に 30分ほど楽々ランニングをしているという。
 私はといえば ここ数年 ストレッチとたまにのプールのみ 走ることはあまり考えてこなかった。
 
 何でそんなに走れるのか聞いてみると、「3日~5日走らない日が続くと、血行が悪くなるのか、体がかゆくなってきもちわるいの~」とのこと。
 ”走らないと 気持ち悪くなる”とこまで行けば続けられるらしい・・ 明日の朝から 走ってみようかな~と思っている。。
 
 子どもの生活習慣キャンペーンじゃないけど、私の生活習慣改善のために、早寝・早起き・朝マラソンかな^^

 術後3ヶ月後、久しぶりに、ジムで、三点倒立と開脚前屈をやってみました。 姿勢を見るのと、術後の記念にジムのスタッフのお姉さんに撮ってもらいました^^ 足がまだまっすぐでないけれど、またできてうれしかった^^

touritu2.jpg


kaikyaku2.jpg

 「パリの恋人」ナンのことかわかりますか?
パクシニャンさん、イドンゴンさん主演の韓国ドラマです。
 このドラマは、韓国で放映当初すごい人気だったようで、ユンソナさんも、”韓国では、冬ソナより視聴率が高いんです”といっていました。
 乳がんを告知されたのが 今年2月5日で、その1週間後が前から楽しみにしていた、パリ恋の主題歌・挿入歌を歌っている チョソンモさんのコンサートの日でした。そのコンサートの事前学習もかねて、韓ドラ好きチングからビデオを借りてありました。

 乳がんといわれたときは、そうかと妙に納得できる自分と怖いと思う自分がいました。 仕事から帰ってきて、寝ようとすると病気のことを思い出してしまう。 しかもセンターの初診日は告知から10日後でした。(病院がすぐに決められなかったのと、決めた病院が混んでいるので、すぐに見てもらえませんでした。)
 そんな初診前の1番不安だったとき、思い出したように、パリの恋人のドラマを見始めました。

 明るい主題歌と かっこいいイドンゴンさん、ありえないと思うストーリーかもしれませんが、安心して次から次へと見ていきました。
 夜はよく眠れるようになり、翌日の夜も続きを見ます。がっかりしていた私が、自分の部屋でにこにこビデオを見ていました。
 
 ちょうど1週間経ったとき、東京フォーラムでのコンサートでした。まだ初診前で不安でしたが、来てよかったと思った。
 様々な状況の人が、精一杯今を生きているのがよくわかって、もっと生きようと強く思ったから!  
 それで手術の時は、チョソンモさんの歌をかけてもらって、オペを開始してもらいました。 

 韓国は徴兵制があるので、チョソンモさんもこの日本コンサート、その後の韓国でのコンサートを終えた後、4月頃からか兵役に就いています。ですからこのコンサートの時は、本人も観客もこのコンサートの後は、「2年間会えないんだな・・」と実感がこもったコンサートでした。  
  

  最後に”忘れないで”という?曲を涙ながらに歌っていました。
 兵役が終わって、又日本で2年後にコンサートに来てくれたらいいな! 楽しみにしています。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。